>ブルートレイン
岡山県 美作観光連盟

片上鉄 道吉ケ原駅
片上鉄道 吉ケ原駅

ご意見、ご希望....
info@musicfactor.jp
美作観光連盟
津山市観光協会
....TOP....

 「ブ ル ー ト レ イ ン 」 「 た そ が れ 列 車 」 旧片上鉄道動態保存運転
    片上鉄道吉ケ原駅、今も昔のまま....タイムスリッブした様に保存されてます

■ 柵原ふれあい鉱山公園 吉ケ原駅 ......旅館阿多福
■ 毎月第一日曜日 ボランティアの皆さんで10:00〜15:00まて、運転されてます

この動画は平成20年5/31(土)・6/1(日)に取材したものです
flv-ipod
Hi....wmv..... Low...flv-ipod
flv-ipod
Hi....wmv...... Low...flv-ipod

Hi....wmv windows、広帯域 2M以上
Low...flv-ipod iPhone、スマートフォンで視聴できます

2011.10/2日(日) 旧片上鉄道動態保存運転の様子です
flv-ipod

10/2日、昼ごろ吉ケ原駅に着きました.....駐車場はいっぱいです、何とか、駐車スペースを見つけ車を止める事が出来ました
お子様連れで賑わっています...

Low....flv-ipod iPhone、スマートフォンで視聴できます

2012の元旦は、日の出を見ながら列車が運行されるそうです、この元旦は、柵原ふれあい鉱山公園で楽しんで下さい
お問い合わせ:片上鉄道保存会 E-mail:katatetsu-hozonkai@okayama.email.ne.jp

2011.10.02 撮影
柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園

キハ303
昭和9年(1934)、「川崎車輌」でガソリンカーとして製造された、旧国鉄最初の量産型内燃動車(キハ41.071)です
昭和27年(1952)10月に片上鉄道に入線、31年(1956)にディーゼル化、43年(1968)こ液体変速機が取り付けられるまで、ギヤチェンジしなから走っていました
走行可能な車両としては我が国に残る唯一の存在です、同型車として301・302・305がいました
機関形式:DMF13(6気筒排気量13g) 出力:135馬力 全長:16.6m 自 重: 22.7t  定 員:136人

キハ312
昭和28年(1953)、「宇都宮車輌」で新製された片上鉄道オリジナルの車両で、当初はガソリンエンジンを積んでおり、ギヤチェンジをしながら走っていました
戦後ガソリンエンジンで新造牢れたこ我が国では希有な例ですが、31年(1956)にはディーゼル化されました
鉄道廃止後、片上の操車場に残されていましたが、その歴史的価値により当地に運ばれました
機関形式:DMF13(6気筒排気量13g) 出 力:135馬力 全 長:16.6m 計 重:23.1t 定 員:109人

キ八702
昭和11年(1936)「川崎車輌」で製造された、41000系(キ八303)に次ぐ旧国鉄量産型大型気動車です
客車と貨車の分離を目的に昭和42年(1967)10月に入線しました
車体長が20メートルあり、ラッシュ時に活躍しました
前照灯・尾灯・窓に改造か加えられていますが、独自のスタイルを保っているのはJR九州が保管するキハ0741とこの702しかありません、同型車に701・703がいました
機関形式:DMH17C(8気筒17g) 出 力:180馬力  全 長:19.8m 自 重:27.4t  定 員二96人

DD13−551
旧国鉄の入替用機関車を本線重貨物に設計変更して、昭和40年(1965)7月に「日本車輌」で新しく製造されました
43年(1968)9月までに順次、計5両が導入され、それまでの蒸気機関車は全廃されました
552は片上に保存され、556は秋田の小坂鉄道で現役で活躍しています
機関形式DMF31-SBI(インタークーラー過給機付)出 力:1200馬力(600馬力×2)全 長:13.6m・自 重:5.5t

ホハフ2003
輸送力の増強を目的に昭和25年(1950)6月、「ナニワ工機」で製造された客車です
片上鉄道オリジナルのオープンデッキ構造が珍しし1客車です
朝夕の通勤通学者の輸送に活躍したほか、貨車と混結した混合列車にも長く使用されました
2004には1軸のみ貴重な松葉型スポーク車輪が残っています、同型車には2001・2002・2005がいました
全長:17.6m 自重:22.5t 定員:140人

ホハフ3002
老朽化した気動車を置き換え、機関車の効率的運用を目的に、昭和56年(1981)旧国鉄から購入した客車です
もとは昭和22年(1947)8月に「日本車輌」で製造された旧オ八351227で、片上鉄道入線に際し洗面所と便所を撤去しました
当初は茶色の塗装のまま、2000型に混じって使用されました
車内は、昔懐かしいニス塗りです、3001は和気郡佐伯町役場に保存されています
全 長:20.0m 自 重:31.3t 定 員:108人

− 柵原ふれあい鉱山公園 吉ケ原駅 −
2011.09.07 撮影
柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園 柵原ふれあい鉱山公園